アネモネ手帖

小説家・三木笙子のブログ

ジュンク堂書店 「第1回 この作家を応援します!」 9

昨日で、ジュンク堂書店さんのフェアが終了しました。

4カ月もの長いフェアでしたが、まず何より、私の本を読んでくださった方々のおかげで、こういった機会が与えられたのだと思っています。
また、フェアを行ってくださった店舗の書店員さんには、棚を作っていただいたり、ペーパーを置いていただいたりと、お手数をおかけしてしまいました。
それから、トークイベントも開かせていただきましたが、平日の夜だというのに、多くの方にお集まりいただきました。
ジュンク堂書店さんのホームページのほうへお寄せくださったメッセージも読ませていただきました。
たくさんの方へ、本当にありがとうございました。
有り難いなあという思いでいっぱいです。

ペーパーにも書かせていただきましたが、私はこの先も「美しく、切なく、透明」な小説を書いていきたいです。
私がそういった雰囲気をたたえた物語を愛するからで、やはり同じように好いてくださる方のお手元に届けばいいなと願っています。
これからも、どうぞよろしくお願いいたします。

広告を非表示にする