読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アネモネ手帖

小説家・三木笙子のブログ

予想通りの展開

今年の冬に新しく買った赤のニットワンピースですが、案の定、脱ぎ着しているうちにウエスト部分の紐を引きちぎってしまいました。

f:id:anemone_feb:20140227191648j:plain

 

本来ならこんなふうにリボンが通っていて、ウエスト部分で結ぶようになっているのですが、

f:id:anemone_feb:20140227191739j:plain

切れちゃった。
どうせワタシのことだから、遠からず破壊するだろうと思っていましたが、予想通りの展開でした。
まあええわい。
ベルトなどなくても着られるだろうと思って買ったきたのですから。

 

私は服の趣味が偏っており、むかーしは全面に花柄のGジャンなど着たりして、道行く人に露骨に避けられたりなどしていたのですが、最近、服を選ぶ基準といったら、無難で、長く着ることができて、頑丈で、暖かい(もしくは涼しい)と、右から左に急ハンドルを切っています。
自転車に長く乗るからお尻の部分がてからないパンツが欲しいし、毛玉の出ないセーターがあったら是非欲しい。
でもこれが案外見つかりません。
堅実なようでいて、案外、贅沢な基準なのかしら。