読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アネモネ手帖

小説家・三木笙子のブログ

インフルエンザと腰痛

f:id:anemone_feb:20140331215817j:plain

先週、インフルエンザにかかりました。

 

同僚「今頃かよ」
同僚「ワクチン打ったのに無駄だったじゃん」

どうしてみんな追い打ちをかけるのだ。めそめそ。

 

熱が上がり始めてすぐ病院に行ったのですが、そのときのインフルエンザ検査は陰性でした。
しかし翌日になっても熱が下がらず、これはおかしいと思って、再度検査をしてもらったところ、真っ赤な陽性ラインが出てしまいました。
検査を始めて1分もかからず。
(通常は8分程度かかるとのこと)
一晩でどれだけウィルスが増えたんだろう。

 

ずっと39度越えが続いたのですが、イナビルという薬を吸ったら、すうっと熱が下がりました。
薬の有り難さが身に染みました。
ところが今度は腰痛が始まったのですよ。
が、腰痛ならばスペシャリストのこのワタシ!
骨盤ベルトを締め、動作に気をつけて、病院へ行かずに通常状態に戻しました。

 

丈夫な人はとても羨ましいです。
でも、弱けりゃ弱いで、健康を損なったときの対処方法を学ぶことができて経験値が上がります。
失敗することも、恥をかくことも、痛い目に遭うことも、いつかきっと後で役に立つと信じて、明日から4月のスタートです。