アネモネ手帖

小説家・三木笙子のブログ

香りでリラックス : 午後の紅茶 HAPPINESS!ピーチ&ラズベリー

f:id:anemone_feb:20140508191458j:plain

最近のお気に入りが、この「午後の紅茶」シリーズの「HAPPINESS!ピーチ&ラズベリー」
とにかく香りが良くて、一口飲むたびに「いい匂いだなあ」と言ってしまい、同僚に「CMですか」と笑われる始末です。

 
辻邦生(つじ・くにお)先生のアンソロジー『人間が幸福であること』で、

私は、編集部が作成したタイトルに対応して、詩的な映像をふくらますためのサブ・タイトルを付けることにした。たとえば「瞬間瞬間を楽しみ切る」に対して「散りゆく桜のように」といった具合に。

『人間が幸福であること』辻邦生(海竜社)

このサブタイトルが、どれも惚れ惚れするほど美しく、短い単語の集まりでしかないのに、想像力を無限に誘っていくような気がします。
で、今回は、五感のうち視覚以外にフォーカスしたサブタイトルをピックアップしてみました。

風の中の薔薇の香り

遠くで角笛が鳴っている

溢れる日の光を浴びて

暖炉の火のまわり

誰かに何かを伝えようとするならば、見えるものだけでなく、五感も意識して書かねばならぬのだと改めて思います。

 

人間が幸福であること―人生についての281の断章

人間が幸福であること―人生についての281の断章

 

 

広告を非表示にする