読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アネモネ手帖

小説家・三木笙子のブログ

浮き浮きした気持が街に漂っている

f:id:anemone_feb:20141011212838j:plain

昨日、上司が昼の食事から戻ってきて言うには、


「行く店、行く店、混んでるんだよねー」


同僚にも訊いてみると、


「混んではいなかったですけど、店の中が賑やかでした」

 
皆であれこれ話し合った結果、三連休が始まるからだろうという結論に達しました。
月曜までお休みだからランチは外で食べよう、とか、三日も休みが続くと思うと週末でも元気いっぱい、とか、あんまり合理性はなさそうなのですが、何となく浮き浮きした気持が街に漂っているような気がしました。


もし何かを書くとしたら、この休日前の幸福な気持のような、そんな気持を引き出すような作品を書きたいと思います。

広告を非表示にする