アネモネ手帖

小説家・三木笙子のブログ

医食同源

f:id:anemone_feb:20150204201904j:plain

先月、具合を悪くして寝こみました。
いつもなら、治ってしまえば「健康が一番」と思って終わりなのですが、40歳を目前にしているせいか、ちょっと考えこんでしまいました。

 

やっぱり外食ばかりだと身体に悪いのかしら。
野菜はもっと食べたほうがいいのかしら。

 

当たり前なんでしょう。
ですが、今回ばかりはひしひしと身にせまってくるような気がしました。

 

そんなわけで、ラーメン大好き、吉野家の牛すき鍋膳大好きな私が、ここしばらく外食を一切せず、こつこつと自炊しています。
先日の夕飯のメニューは、

 

なすの煮浸し
しらす入り大根おろし
菜の花のからしあえ
ほうれん草と卵の味噌汁
リンゴ
にんにく
納豆
ヤクルト

 

むかーし、祖父母が食べていたような懐かしさを覚えます。

有能な人材を作るには、頭よりも胃をよくすることだ。
うんと食って長生きすると、人の三倍、仕事が出来る。


『胡堂百話』野村胡堂(中央公論社)

有能かどうかはともかく、たくさん仕事をしたいです。

 

今週のお題「今年の抱負」

広告を非表示にする