アネモネ手帖

小説家・三木笙子のブログ

【新刊情報 2】 三木笙子 『怪盗の伴走者』 帝都探偵絵図シリーズ4 : サイン本(特製ペーパー付)の申し込みが始まりました

先週からサイン本の申し込みが始まっています。
詳細は下記をご覧ください。

 

今回は特製ペーパーも一緒に送らせていただくことになりました。
ペーパーは二部構成で、明治時代のトリビアと、それにまつわる帝都探偵絵図の掌編が載っています。
掌編の登場人物は高広と里見夫婦。
クリスティの「トミーとタペンス」が大好きなので、里見夫婦にはあんなふうにいくつになっても仲良しでいてくれたら、と願っています。
それから高広は基本的に礼と行動することが多いので、息子としての彼を書くのが楽しくもありました。
ペーパーを読んで、里見夫婦ののろけぶりに当てられてください。

 

怪盗の伴走者 (ミステリ・フロンティア)

怪盗の伴走者 (ミステリ・フロンティア)

 

 

広告を非表示にする