アネモネ手帖

小説家・三木笙子のブログ

【新刊情報 1】 7月26日発売『水の都 黄金の国』三木笙子(講談社)

f:id:anemone_feb:20160628125607j:plain

7月26日に講談社さんから『水の都 黄金の国』が発売されました。

表紙を描いてくださったのは「くろのくろ」さんです。
私の作風に寄せてくださって、「描きのタッチを残した絵」を描いていただきました。

 

装丁はnext door designの大岡喜直さんです。
私の本の表紙を手がけていただくのは今回で4冊目になりました。
大岡さんはデリカシーの塊で、私が読者の方にお届けしたいと思っている優しさや繊細さを、そっくりすくいとってくれます。

n-d-d.jp

くろのさんと大岡さんのコンビのおかげで、発売日翌日のアクセスランキングが1位でした。

 

また、講談社さんの公式サイトで、担当してくださった編集Мさんのコメントを読むことができます。

『水の都 黄金の国』三木笙子|講談社ノベルス|講談社BOOK倶楽部

通学、通勤途中のエナジーチャージや寝る前のホッとしたいひとときにお薦めできる、読むと優しい気持ちになれる連作小説です。

お守り代わりの常備薬を持つような気持で、ちょっと気持が沈んだときにいつでも読むことができるように、お手元に置いていただけると嬉しいです。

 

水の都 黄金の国

水の都 黄金の国

 

 

【三木笙子プロフィール】

f:id:anemone_feb:20160325144138j:plain

デビューした時から「仕事や勉強の後にほっとした気持で読むことができる小説」を目指してきました。

読者に「優しくて暖かな雰囲 気」「心地よい哀しみと快い切なさ」「読後感の良さ」を提供したいと思っています。

好きな作家は辻邦生平岩弓枝浅田次郎

 

★「三木笙子の新刊・既刊」に三木笙子の詳しい仕事情報をまとめています

広告を非表示にする