読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アネモネ手帖

小説家・三木笙子のブログ

東京初のワイン醸造施設「東京ワイナリー」で生ワインとガレットのランチを食べてきました

f:id:anemone_feb:20050823014417j:plain

23区内にワインの醸造施設があるんですよ。
売るだけでなく実際に作ってるんです。
先日、オコジョさん(夫)と一緒に「東京ワイナリー」さんに行ってきました。

 

ずっと行きたかったのですが、なかなか行けなかった理由は開店時間にあります。

f:id:anemone_feb:20170114225742j:plain

火・水・金 11時から16時半まで

勤め人には無理だべ。
ましてやオコジョさんと一緒なんて絶対無理無理!
と思っていたのですが、偶然に偶然が重なって出かけることができました。

f:id:anemone_feb:20170114225827j:plain

ガレットランチは限定10食で、これまたハードル高し。


ところで、店内にはカエルがたくさんいます。
オーナーさんが大のカエル好きなんだそうで、

f:id:anemone_feb:20170113122007j:plain

ショーウィンドーにいるし、

f:id:anemone_feb:20170113122024j:plain

ボトルキーパーもカエルだし、

f:id:anemone_feb:20170113122716j:plain

お客さんの陶芸家が作ってくれたという乾杯カエルもいるし、

f:id:anemone_feb:20170113122055j:plain

もちろんラベルにもいる!
お客さんが持ってきてくれたという「ケロちゃんコロちゃん」まで並んでいました。


さて、ランチのワインはすべて試飲させてもらうことができます。
生ワインはどれもブドウの味わいが残っていて辛口、ガレットによく合います。

f:id:anemone_feb:20170113121835j:plain

 オコジョさんは「デラウェア醸し(右)」、私は「デラウェア白(左)」をいただきました。
この琥珀色の美しいこと!

f:id:anemone_feb:20170113122251j:plain

まずは身体が温まる野菜スープをいただき、

f:id:anemone_feb:20170113123911j:plain

そして野菜のガレット!
この日はキャベツとベーコンのガレットでした。
甘い物が苦手な私は、クリームたっぷりのクレープは半分も食べられませんが、そば粉のガレットは大好きです。
見た目は少なく見えますが、お腹にずっしりたまります。


また野菜が変わったときに食べに行きたいと思いつつも、「火・水・金」のハードルがなかなか越えられません。しょんぼり。

 

【三木笙子プロフィール】

f:id:anemone_feb:20160325144138j:plain

デビューした時から「仕事や勉強の後にほっとした気持で読むことができる小説」を目指してきました。

読者に「優しくて暖かな雰囲 気」「心地よい哀しみと快い切なさ」「読後感の良さ」を提供したいと思っています。

好きな作家は辻邦生平岩弓枝浅田次郎

 

★「三木笙子の新刊・既刊」に三木笙子の詳しい仕事情報をまとめています

 

画像はこちらからお借りしました。

www.stockvault.net

広告を非表示にする