読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アネモネ手帖

小説家・三木笙子のブログ

【新刊情報1】1月26日発売『露西亜の時間旅行者 クラーク巴里探偵録2』三木笙子(幻冬舎)

f:id:anemone_feb:20170122211024j:plain

今週、幻冬舎さんから『露西亜の時間旅行者 クラーク巴里探偵録2』が発売されます。

 
お陰様で2巻を出していただくことができました。
クラーク巴里探偵録』は、私にとってとても縁起のいい作品です。

1.本屋さんで買ってくださったお客さんを見かけた。
2.すぐに重版がかかった。

まさに盆と正月コンボのような本でした。


さて、今回も表紙は「こより」さんに描いていただきました。
こよりさんといえば、ため息の出るような繊細可憐な女の子のイラストが目に焼きついています。
そんなわけで、

ワタシ「私はこよりさんに描いていただけて嬉しいんですけど、野郎ばっかりで申し訳ありません」

謝りましたところ、他の作品でも男性オンリーの表紙を描いていらっしゃるとのことで、フォローしていただきました。

三舟、奔る!

三舟、奔る!

 

仁木英之先生の『三舟、奔る!』です。

私は教えていただくまで、こよりさんが描いていらっしゃるとは気づきませんでした。
作風に合わせて絵柄を変えられるって本当に凄い。


そんな野郎ばかりの作品ですが、舞台は違えどいつもの雰囲気、いつものテイストです。
バ〇ァリンのように半分は優しさでできておりますので、お手元に常備し、しょんぼりしたときに読んでいただけると嬉しいです。

 

露西亜の時間旅行者 クラーク巴里探偵録2 (幻冬舎文庫)

露西亜の時間旅行者 クラーク巴里探偵録2 (幻冬舎文庫)

 
クラーク巴里探偵録 (幻冬舎文庫)

クラーク巴里探偵録 (幻冬舎文庫)

 

 

【三木笙子プロフィール】

f:id:anemone_feb:20160325144138j:plain

デビューした時から「仕事や勉強の後にほっとした気持で読むことができる小説」を目指してきました。

読者に「優しくて暖かな雰囲 気」「心地よい哀しみと快い切なさ」「読後感の良さ」を提供したいと思っています。

好きな作家は辻邦生平岩弓枝浅田次郎

 

★「三木笙子の新刊・既刊」に三木笙子の詳しい仕事情報をまとめています

 

広告を非表示にする