アネモネ手帖

小説家・三木笙子のブログ

【新刊情報 1】6月22日発売『月世界紳士録(げっせかいしんしろく)』三木笙子(集英社)

f:id:anemone_feb:20170609203249j:plain

6月22日に集英社オレンジ文庫さんから『月世界紳士録』が発売されます。
読みは「げっせかい・しんしろく」です。

orangebunko.shueisha.co.jp

宇宙技術振興推進株式会社――通称STeP。待宵澄雄の異動先は「竹取班」と呼ばれ、月にまつわる民話や伝承などを扱う部署だ。同僚は桂靖久という青年ひとり。その日、竹取班を訪れた宗像という男は、ある蒐集家から寄贈され保管中の古い洋燈『朧月夜』を譲ってくれと言った。『朧月夜』には、嘘をつくと火が消える、という謂われがあり? 月に憑かれた者たちの幻想譚。

続きを読む

「文学には労働に追われる日々の生活からの逃避以外のなにものも求められてはいないのだ」 : 『悠久の美 ペルシア紀行』ヴィタ・サクヴィル=ウェスト

f:id:anemone_feb:20141209092815j:plain

(ジャン・リュック・ゴダール監督・脚本の『勝手にしやがれ』のネタバレがあります)

続きを読む

女は若ければ若いほど良いのか

f:id:anemone_feb:20170528175023j:plain

近所にとても可愛い女の子(Yちゃん)が住んでいます。
可愛い上に賢く健康で対人能力も高く、「こんな娘が欲しい…!」と日々羨んでいるのですが、先日ばったり顔を合わせた際に、

続きを読む

美の引力 : ミュシャ展「国立新美術館」

f:id:anemone_feb:20170525094005j:plain

先日、国立新美術館で開催中のミュシャ展に行ってきました。
「スラヴ叙事詩」がチェコ国外で初公開!
めちゃくちゃ混んでるんだろうなあ……と思い、GWは外して平日に行ったのですが、

続きを読む

澄んだ空気のバザール : 「第7回 井のいち2017」

f:id:anemone_feb:20170521052053j:plain

石神井氷川神社の「井のいち」に行ってきました。
美味しそうな屋台がずらりと並んでいてテンションが上がる、というよりは完全に血迷う!
最近通い始めたフィットネスクラブの身体測定で、体重が2キロ増えていることが判明したばかりなのですが、まあそれはそれ、明日は明日の風が吹くのですよ。

続きを読む