読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アネモネ手帖

小説家・三木笙子のブログ

【新刊情報 7】 『竜の雨降る探偵社』 三木笙子(PHP研究所): 神奈川県鎌倉市大船・アニールさん

f:id:anemone_feb:20160711160742j:plain

「アニール」という店名は、スペイン語で「藍色」という意味だそうです。
「雨の日に、ぴったりの本、あつめました」というコンセプトで、ブックフェアが開かれていたのですが、拙著も選んでいただきました。

続きを読む

人間には感情移入しないけれど : 『獅子吼』 浅田次郎 (文芸春秋)

f:id:anemone_feb:20160705195244j:plain

(ネタバレあり)


読書家の知人が集まったときに、「浅田次郎のどこがいいの。いつも同じ。泣かせて終わりでしょ」と言われ、「だからいいんでしょうが!」と怒鳴り返し、じゃなかった、反論したのですが、同じように小説が好きでも、こうも感想が違うのだなあと思ったことを覚えています。

続きを読む

【能登旅行】 神様の営業努力と江戸時代のUFOと車で突っ走る海岸線

f:id:anemone_feb:20160702150548j:plain

能登一宮の「気多(けた)大社」は縁結びの神様として有名だそうです。

タクシーの運転手さん(60~70代)「昔はそんなこと言ってなかったですけどねえ」

神様だって営業努力が必要でしょうが、人間の願いを叶えつつ、宣伝もしなけりゃならないなんて……。

続きを読む