アネモネ手帖

小説家・三木笙子のブログ

この男になら命もかける

f:id:anemone_feb:20170920182257p:plain

現在、我が社は建て替え中です。
本社ができるまでの数年間、仮の建物で営業をしていますが、やはり仮は仮、あれこれと言いたいところが出てきます。

続きを読む

9月21日発売 『怪盗の伴走者』三木笙子(東京創元社)※9/21追記あり

f:id:anemone_feb:20170825165139j:plain

上 : 安西省吾(東京地方裁判所検事局検事)
下 : 怪盗ロータスアルセーヌ・ルパンに憧れている)

「日本に戻ってきた蓮(ロータス)は私に会いに来ました。私は検事の試補期間を終えようとするところでした。その私に、怪盗になるなどと、馬鹿なことを――」
 安西は言葉を切った。
 その顔には重い疲労が浮かんでいる。
 高広はためらいながらも言った。
「安西さんは、今回のロータスの狙いが何なのか、お分かりなのでしょうね」

今作は、里見高広・有村礼が主役の「帝都探偵絵図」シリーズ第4巻ですが、一巻を通して怪盗ロータスと安西検事に焦点を当てたスピンオフ作品となります。
怪盗ロータスの真の狙いは何か。
明治末期・帝都――。
浅草の凌雲閣を舞台にして、因縁の二人が激突します。

(2015年に発売された『怪盗の伴走者』の文庫版です)

続きを読む

【新刊情報 1】6月22日発売『月世界紳士録(げっせかいしんしろく)』三木笙子(集英社)

f:id:anemone_feb:20170609203249j:plain

6月22日に集英社オレンジ文庫さんから『月世界紳士録』が発売されます。
読みは「げっせかい・しんしろく」です。

orangebunko.shueisha.co.jp

宇宙技術振興推進株式会社――通称STeP。待宵澄雄の異動先は「竹取班」と呼ばれ、月にまつわる民話や伝承などを扱う部署だ。同僚は桂靖久という青年ひとり。その日、竹取班を訪れた宗像という男は、ある蒐集家から寄贈され保管中の古い洋燈『朧月夜』を譲ってくれと言った。『朧月夜』には、嘘をつくと火が消える、という謂われがあり? 月に憑かれた者たちの幻想譚。

続きを読む

「文学には労働に追われる日々の生活からの逃避以外のなにものも求められてはいないのだ」 : 『悠久の美 ペルシア紀行』ヴィタ・サクヴィル=ウェスト

f:id:anemone_feb:20141209092815j:plain

(ジャン・リュック・ゴダール監督・脚本の『勝手にしやがれ』のネタバレがあります)

続きを読む

女は若ければ若いほど良いのか

f:id:anemone_feb:20170528175023j:plain

近所にとても可愛い女の子(Yちゃん)が住んでいます。
可愛い上に賢く健康で対人能力も高く、「こんな娘が欲しい…!」と日々羨んでいるのですが、先日ばったり顔を合わせた際に、

続きを読む